Androidの開発者向けオプションでヌルサクにするおすすめ設定を紹介

この記事は約3分で読めます。

Androidスマホには「開発者向けオプション」という設定項目が用意されています。
開発者向けオプションの設定を変更することで、スマホの動作をなめらか表示にすることができます。
この記事では、Androidスマホの開発者向けオプションのおすすめ設定を紹介します。
自分はスマホを新しくしたら、真っ先に設定するところなのでかなりおすすめです!

開発者向けオプションを表示する方法

開発者向けオプションは初期状態の場合、設定画面に表示されません。
簡単な操作をすることで表示することができます。
本体設定→システム→電話情報→ビルド番号を連続タップ

分かりにくいという人は以下の記事を参考にしてみてください。
→記事準備中

開発者向けオプションでヌルサク表示にする設定項目

スマホのメーカーや機種によっては、設定項目の位置が違う場合があります。
その場合は「お使いの機種名+開発者向けオプション」などで検索してみてください。

設定を変更する項目は4つあります。
まずは開発者向けオプションへ移動します。
開発者向けオプションは本体設定のシステムの中にあります。

アニメーション速度を上げる設定

まずは、描写に関する設定を変更します。
ホーム画面に戻ったり、画面を切り替えたりする場合のアニメーション速度を上げることでヌルサク感を出すことができます。

まずは開発者向けオプションの中程にある「描写」まで移動します。
ウィンドウアニメスケール、トランジションアニメスケール、Animator再生時間スケールとあります。

これの値をそれぞれ「.5x」に設定します。
そうすることでアニメーション速度を上げることができます。

GPUレンダリングを使用する設定

次に「描写」から少し下に移動すると「ハードウェアアクセラレーテッドレンダリング」という項目があります。
その一番上にある「GPUレンダリングを使用」をオンにしましょう。
これを設定することで、画面の表示にパワーを回すことができます。

開発者向けオプションを名前の通り、普通に使うユーザーに特に関係のない設定項目になっています。
設定を変更して表示がおかしくなるなどのトラブルがあった場合は開発者向けオプションをオフにしましょう。

注意を書きましたが、今までトラブルになったことはありません。

開発者向けオプションをオフにする方法

開発者向けオプションを利用して、動作がおかしくなるなどスマホに不調が出た場合は開発者向けオプションをオフにしましょう。
設定方法は簡単です。
開発者向けオプションの画面上にあるオンオフボタンでオフにしましょう。

今回紹介した開発者向けオプションの設定ですが、変更すると結構サクサク動作になって気持ちいいです。
ぜひ、試してみてください。それではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました